【ビギナーにおすすめ】1か月で復習する韓国語基本の500単語

  この本は2018年8月17日に発売された新着でした。
これはまさに一人で勉強できる本!初心者向けです。初めて勉強する人の独学にもいいと思います。中身が本当に今まで見たどんな単語の本よりも難しくなくて使う頻度の高い‛私’、‛私たち’などの簡単な単語だけが揃っている感じで一人で韓国語の勉強を始めてみる時にも難しくてすぐに諦めてしまうことはないと思います。
 毎日の勉強する分量も分けて全開しているので心の負担もないです。
 すこし心配なのはやっぱり単語の横にある文例がなんで文法的にこういう解釈になるのか直接説明してあげないと難しいと感じる人はいますね。この本で例文として出ている文章は決して難しい文章ではなくて後ろの文法ページでその文章で使った文法が勉強できます。4日目、8日目の頻度で文法のページがあるので4日分を一気で覚えようとしないで軽く読んで勉強して、文法のページが来たらそのページを集中して勉強し、もう一度最初に戻って1日目から読んで例文を読む時に文法のページで勉強したものを考えながら理解しようとすると良いです。そして、このような単語を縦に並べて横にはその単語で作られる例文が書いてあるレイアウトの本はよく見かけますが、その中でも私はこの本が一番文章の説明がわかりやすくて親切だと思います。人によっては独学で使うのもできそうです。文章の周りには文章で使った単語や文法表現が書いてあるのでこれをサブだと思い、適当にしないでここもちゃんと覚えた方がいいですね!後ろのページに進んでも難しくならないので飽きないと思います。本の一番後ろには動詞や形容詞の活用表があるので基礎を整えるのには大活躍しそうです。
 それでももちろん一人では文法の理解や発音がよくわからないかもしれないですね。発音は特に日本語では実は全く同じ発音がなかったり、連音現象で文字通りに読まなかったりしますのでネイティブの発音を聴くのが一番大事です。この本には音声CDも付いているので是非聴いてみてください!

 復習でこの本を購入される方はこの一冊だけでなくて他の本も一緒に見てもっと多様な文法や会話を勉強する必要がありますね。本当に基本中の基本の単語と文章なので、他の本も参照して例えばAさんとBさんの会話が全開される本で勉強をするとより一層会話が伸びると思います。

1か月で復習する韓国語基本の500単語 (<CD>)” style=”border: none;” /></a></div>
<div class=
貝森 時子 朴 善用
語研 (2018-08-17)
売り上げランキング: 150,927

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする