留学生だから安心?!安かろう悪かろうのレッスン

とにかく安いレッスンが流行っている

インターネットで『韓国語 教室』等で検索すると多くの韓国語教室がヒットします。

多くの教室は「値段が安い」「ネイティブの先生」「初心者でも大丈夫」などと耳障りの良いことばかりを謳っています。

中には「ワンコインでネイティブの先生が教えます」「1ヶ月通い放題」などと書かれた教室などもあります。
  
もちろん授業料が安いに越したことはありませんし留学生なら韓国語はネイティブです。

韓国語のレッスンは同じ商品を多量に販売するのとは異なり、安売りはできません
最終的には人対人ですので安ければ講師のモチベーションも技術も値段なりになってしまうのです。

本当に韓国語を習得したいのならば謳い文句に釣られず良い教室を見極める必要があります。 
 

 

留学生って本当に大丈夫?

例えば外国人に『日本語を教えてもらえる?』と言われると多くの人は日本語を教えるのなんてお安い御用だ!
なんて思うかもしれません。 
 
実は私も日本の友達にお願いしたことがります。 
お願いすると喜んで引き受けてくれました、そこで試しに日本語能力試験の問題を見せると『こんなの簡単だよ』と言いながら次々に正解を導き出します。

しかしながら、なぜそれが正解なのか?はたまたなぜこれが不正解なのかを問うと黙ってしまったのです。 

試験勉強では正解を導き出すだけでは意味がありません、むしろ不正解の理由を理解する方が重要です。

これがネイティブなだけでは意味がない理由なのです。  
 
 

日本語能力試験の問題集
日本人ならスラスラ解答できる内容です。


 

韓国人の留学生で日本語を専攻している人は全体の3割程度だそうです。
この3割の留学生に教わるならまだしも語学について心得ていない留学生に韓国語を教えてもらうのはいかがなものかと思います。 
 
 
10年ほど前に『日本人の知らない日本語』という本が流行りドラマ化までされました。
語学を教えるというのは本当に難しいことだと書かれた作品です。 
 
 
私ゆんみは、中学、高校は日本語予備校に通い大学は日本語科を卒業
韓国人に日本語能力試験対策を教えていたこともあります。 
 
⇒ゆんみのプロフィールもみてね

 
 
 

解答は分かっても誤答の理由の説明は中々難しいんです。


 

  

気持ち良いだけのレッスンになっていませんか?

ゆんみの韓国語レッスンを始める前、私は新大久保にある韓国語教室でレッスンをしていたことがあります。
韓国語のレッスンについて私は誰よりも上手に教えられる自信がありました、先生としての誇りも持っていました。

レッスンをする中でその教室の経営者は私にこう言いました。
 
『できてなくても生徒さんを喜ばせて、とにかく褒めて』『発音に自信がある生徒さんになぜ発音を指摘するの?クレームになっています。』
 
私は衝撃を受けました。
もちろん生徒さんがしっかりできたときには褒めますが違うときは違うと指摘します。
発音についてもおかしなところがあれば何度でも指摘して指導します。これが当たり前だと思っていました。
 

新大久保という都会の一等地で、高い家賃を払い教室を維持していくには、生徒さんに気持ちの良い授業を受けてもらいリピートしてくれる生徒さんを増やすことが経営する上では大切かもしれません

ほとんどの教室が生徒さん想いの教室であると思いたいのですが中にはこのような教室もあるようです。
 
ほどなくして私はその教室の経営者からクビを告げられました。
 
  

新大久保は韓国が好きな人にとっては魅力的

 
 

一人親方だからなんでもできる

ゆんみの韓国語レッスンの場合組織には所属していません
どういう方針で教えるのか、いつレッスンをするのか、費用はいくらにするのか、などすべて私の裁量で決めることができます。
 
そこで私は以下の3つをお約束します。
 

【間違っていることは間違っていると指摘する】
前項の「気持ちの良いだけのレッスン」で書いた通り人間は誰でも褒められれば嬉しいものです。

みなさんの目的は『韓国語の習得』です。
そこで私は『間違っていることは間違っていると指摘します。』

以前間違っていることを指摘したところ残念ながらレッスン途中で帰ってしまった生徒さんが居ました。
その生徒さんは他の教室で発音がとても良いと褒められ発音については自信を持っていました。

しかしながら私とレッスンをしているとどうも発音に気がかりな点があり度々指摘しました。
すると生徒さんは一気に自信を無くしてしまったのです。
その日のレッスンは難なく終えたのですが次回のレッスン時に「もう一度発音をテストしてくれないか」と提案があったのでテストしましたがやはり発音が間違っています。

よほど悔しかったのか、恥ずかしかったのか、はたまた怒りがこみ上げてきたのかは分かりませんが授業開始10分経たずに帰ってしまいました。

私にとっては大切な生徒さんを失うことになりましたが社交辞令で褒めても結果的には生徒さんのためにはなりません
少し厳しいと感じることもあるかもしれませんが生徒さんのためを思ってのことです。 
 
 
【目標達成の最短ルートを提案します】
勉強をするのは大変なエネルギーが必要です。
「テレビを見たあとで」「お風呂入ってから」「明日早起きして」などついつい後回しにしてしまいがちです。

やらなければいけないのはわかっていても勉強はなかなか実が入らないものだと思います。
もちろん楽しくてどんどん勉強に取り掛かれる方も居るかも知れません

なぜ勉強がはかどらないのでしょうか?
それは勉強方法に問題があるのではないかと思います。

例えば、日本の小中学校でよくある「間違えたらノートに50回書く」などの勉強法です。
50回書くのが本当に正しい勉強法なのでしょうか?人は楽しい方そして楽な方に足が向きます。

ゆんみの韓国語レッスンでは常に新鮮で楽しいレッスンを心がけています。
『ゆんみのブログ』では日本語に並行して韓国語も載せています。
市販の単語帳にはないゆんみが考案したオリジナル単語帳『ちょびっと韓国語教室』も更新しています。

今更感もありますが『YouTubeチャンネル』も解説しゆんみの日常や韓国語に役立つ動画を公開しています。

勉強という括りにとらわれず自然に韓国語に触れられる、そしていつの間にか韓国語の勉強が楽しくなるレッスンを常に模索しています。 
  
 

ゆんみのYouTubeチャンネル
チャンネル登録してね


 
【楽しいレッスンが一番】 

 
先生というとなんだか堅苦しいイメージがあります。
韓国は儒教の国ですので先生といえば目上の人、絶対服従のような雰囲気があります。(今はそうでもないようですが…)

しかし私のレッスンでは先生と言いつつも生徒さんと仲良くそして楽しいレッスンをしたいと考えています。
「レッスンの後一杯飲みに行きましょう」「一緒に韓国料理を食べに行きませんか?」「韓国人の集まりに連れて行ってください!」

こんな事も私のレッスンでは大歓迎です。
こんなに楽しい韓国語レッスンは他では中々無いと思います。 
 
 
もし私のレッスンに興味を持ったら連絡ください
今までと違う韓国語レッスンができるはずです。
⇒ゆんみの韓国語レッスンお問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする