【中級におすすめ】絵でわかる韓国語のオノマトペ:表現が広がる擬声語・擬態語

‘와장창’はガラスが割れる音。‘꿀꺽’は何かを喉に飲み込む音。‘털썩’はいきなり座る音。‘꾸깃꾸깃’は紙などをしわくちゃにする模様。韓国語では日本語より擬声語、擬態語をよく使うと思います。これもネイティブなら大体わかる表現なので中級を目指す人なら一回勉強した方がいい本ですね。この本はレイアウトがシンプルで面白くてオススメします。テキストを選ぶ時の一番は面白くて自然に何回も目を通せるようになることです。左側のページの上には日本語で大枠が書かれています。例えば버럭, 부들부들, 울컥, 발끈 などは分類で別けると怒ったりイライラする時の表現なので‘怒る’と書いてあります。そして一つずつ日本語での説明と韓国語の例文、解釈が書かれてあります。

‘滑る’のページだと⊛주르륵 ->눈길 위에서 주르륵 미끄러졌어요.
‘滑らかな瞬間的に滑るようす’と書いてあり、雪道の上でつるつると滑っちゃいました。と日本語で例文の解釈があります。右側には練習問題があります。左側で勉強した表現を繰り返し覚えられるように()に何を入れれば正しいのか入れてみるテストをしてみるのができて、左側の例文とは違う例文なのでもっと正確に表現を認識することができると思います。この例文の日本語解釈と問題の正解は下の方にあります。例文は中級者向けですが、日本語の解釈が下の方にあるので擬態語、擬声語の勉強だけでなく、学習者が今までに勉強してきた文法で例文の解釈をしてみるのもできるので中級者の総合的な勉強にオススメ

絵でわかる韓国語のオノマトペ:表現が広がる擬声語・擬態語

絵でわかる韓国語のオノマトペ:表現が広がる擬声語・擬態語posted with amazlet at 19.05.11辛 昭静
白水社
売り上げランキング: 190,802
Amazon.co.jpで詳細を見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする